トリキュラー 通販web窓ロ

 

トリキュラー21
数量価格ご注文
1箱¥2,800
3箱¥3,801
6箱¥5,400
12箱¥8,100

 

トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

トリキュラーの概説(通販web窓ロ)

低用量ピルの「トリキュラー」は、WEB(ウェブ)通販で購入できることをご存知でしょうか?

国内版のトリキュラーを通販するのは色々と手続きが複雑なのですが、海外で販売されているトリキュラーならWEB通販で簡単に注文することができます。

トリキュラーのWEB通販窓口としては、『ベストケンコー』・『オランダ屋』・『オオサカ堂』・『薬の通販オンライン』といったショップが有名です。これらは海外製品の輸入手続きを代行してくれる業者(個人輸入代行サイト)で、トリキュラーの取り扱いもしています。ほとんどの通販サイトは送料と手数料無料でトリキュラーを配送してくれます。

トリキュラーは、3相性の低用量ピルです。トリキュラーの有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、ホルモン分泌を自然な形で促し、排卵を抑制して高い確率で避妊することができます。女性ホルモンのうち、黄体ホルモンを3工程(6日→5日→10日、3相性錠)で減量し、自然なホルモン分泌に近づけることで、ホルモン混合数を減らしつつ、避妊効果も体に負担のない形で維持しています。

ドイツの大手企業製薬会社バイエル薬品が開発した低用量ピルです。ホルモン量を3段階で増やすタイプの低用量ピル(3相性ピル)で、生理的なホルモン最適化調剤をケアするため、服用中の不正出血が起こりにくいのが特徴です。トリキュラーの処方が日本で完成したのは1999年。以来、ほとんどの産婦人科やレディースクリニックで取り扱われ、多くの女性が避妊や生理痛の緩和のために使用しています。

トリキュラーは三相性低用量ピルなので、ホルモン成分が3工程に分かれており、排卵サイクルのコントロールが可能です。トリキュラーは排卵を抑制することで卵子と精子の衝突を防ぎ、子宮内膜を厚くして終息させることで凝固床を障害し、頸管粘液の粘性を高めることで幼精が子宮に入るのをブロックします。これらの作用により、非常に高い避妊効果を発揮します。黄体ホルモンと卵胞ホルモンを用いて排卵を抑え、妊娠を防ぐ低用量避妊薬です。

低用量ピルには、黄体ホルモンの製剤や使用量に違いがあり、数多くの種類を目にすることができます。最も一般的な低用量ピルは、トリキュラー(アンジュ)、マーベロン、ヤーズです。アンジュはあすか製薬から販売されている低用量ピルで、トリキュラーと同じ成分です。販売元は違いますが、効果だけでなく効能や副作用もほぼ同じです。日本の婦人科からアンジュを購入している方なら海外版のトリキュラーも使いやすいでしょう。

排卵は、生殖腺パワーの源となる残りのホルモンの一つである黄体形成ホルモンが大量に分泌されることで起こります。黄体形成ホルモンの分泌が制限されると、排卵が起こらなくなります。このように、妊娠時と同じホルモンバランスで分泌させることで妊娠を防ぐ方法は、1976年にドイツで考え出された。日本では1987年からバイエル薬品が研究し、現在では経口避妊薬として最も多く処方されています。

低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、これらの女性ホルモンをわずかに補うことで、ホルモンバランスを整え、高い避妊効果を発揮します。トリキュールは、プロゲステロンの一種であるレボノルゲストレルと、エストロゲンの一種であるエチニルエストラジオールが配合されています。

タイトルとURLをコピーしました