アイピル genecli・com【ジェネクリ通販】

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

アイピル(i-pill)
数量価格ご注文
1箱¥2,900
3箱¥3,900
5箱¥5,200
10箱¥7,500

 

 

 

 

 

アイピル概説(genecli・com)【ジェネクリ通販】

アイピルはジェネクリ(genecli・com)などの個人輸入代行サイトから通販できます。ジェネクリ以外に値段の安いサイトとしては、オオサカ堂・オランダ屋・ベストケンコー・お薬なび・あんしん通販マートなどがあります。まとめ買いすると大幅にプライスダウンしますので、単品購入は推奨されていません。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、受精卵の塊階層化や卵子の子供の放出を抑制するため、性交渉後でも効果を発揮します。次の生理の到来を不安げに待つのではなく、望まない妊娠を回避することができます。同じく、前駆効果として、月経を整えることができます。日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬・武田薬品工業)という素晴らしい医薬品名で販売されている、コンパニオン成分レボノルゲストレル1.5mgを含むジェネリック小分け品になります。

体内で生殖腺外ホルモンの一つである黄体形成ホルモンが大量に分泌されると、排卵が起こります。アイピルで黄体形成ホルモンの分泌を一時的に燃やすと、体内で排卵に必要な量に達するのが遅れます。そのため、排卵のタイミングが遅れたり、卵胞が変化して排卵そのものが行われなくなったりします。行為の際に、ゴムの破損、装着忘れ、ミスがあっても、アイピルを24時間以内に補充することで、95%の確率で避妊を成功させることができます。

従来の緊急避妊薬とは異なり、アイピルは副作用が少ないのが特徴です。ピル服用後3~4日、遅くとも2週間以内に生理のような出血があった場合、消退出血といいます。これは避妊がうまくいっている基準と考えられています。アイピルの使用期限は、製造報酬月からほぼ2年、30~40年持つので、常用し続けることができます。アイピルは、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。このようにレボノルゲストレルが配合されていることに加え、アイピルはノルレボ錠と同じ割合で妊娠を期待することができます。

アイピルの主成分であるレボノルゲストレル1.5mgは、排卵の間隔を遅らせて精子が卵子に受精するのを防ぐため、強制的に卵子の受精を止め、妊娠を阻止する揺るぎない効果を発揮します。ジェネリック医薬品のアイピルは先発医薬品のノルレボより安価に購入することができます。避妊の挫折を控えるためには、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

ゴムを装着し、避妊対策を万全にしていたにもかかわらず、破れてしまったという経験がある方は、いらっしゃるのではないでしょうか。ゴムでの避妊に失敗する割合は、ほぼ10%と言われています。ゴムが破損してしまった場合、女性は次の生理まで不安な気持ちになるようです。そのような場合に依頼されない妊娠を考える方策として、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を使用することが挙げられます。

妊娠を望まないのであれば、ゴムや低位避妊薬、子宮内避妊具などの計画的な避妊を行うべきですが、不測の事態が常に存在するため、すぐに摂取できるようにアイピルを常備しておくとよいでしょう。配偶者との性交後72時間以内にピルを服用すれば、排卵日の記載がない限り、90%以上の確率で妊娠を防ぐことができます(排卵日の3日以上後、後述します)。ただし、避妊の仕方を間違えたと気づいたら、できるだけ早く食べることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました