フィンペシア 最安どっとこむ一体どこだ【.comとともに】

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア1mg(プロペシア・ジェネリック)
数量価格ご注文
30錠¥2,367
100錠¥3,301
100錠¥5,610

 

 

 

 

 

フィンペシア概説(最安どっとこむ)

フィンペシア(Finpecia)の最安通販サイトを比較した結果、『オオサカ堂』(大阪堂)または『ベストケンコー』が最も1錠あたりの値段が安いことが分かりました。オオサカ堂の系列サイトである『JISA』や『オランダ屋』でも同じ価格でフィンペシアを販売しています。オオサカ堂やベストケンコーで通販できるフィンペシアはキノリンイエローという着色料が含まれていない最新バージョンです。

有効成分フィナステリドを取り入れることによる即効性は、抜け毛をコントロールすることです。AGAは頭頂部や前頭部に発生し、ペタッとした軟毛や抜け毛の増加を引き起こすと考えられています。フィナステリドはこれらの部位に作用してヘアサイクルを増加させ、プロペシア(フィンペシア)の臨床結果ではほぼ確実に抜け毛予防の効果があることが証明されています。以前は40代以上の男性に支持されていましたが、近年は20代から30代の男性にも支持され、多くの方が使用しています。髪が抜けるのは当然ですが、AGAが始まってすぐにフィンペシアを開始することでAGAの進行を早めに防ぐことができます。

フィンペシアの服用を2~3年継続することで、成長途上の髪が抜けにくく太くなり、軟毛や抜け毛が目立ってきた部分の成長率が高くなることが確認されています。AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンが5αリダクターゼによってスイッチされることで構成されています。フィナステリドは、5αリダクターゼという酵素を一掃する効果があるため、抜け毛や髪の少なさの進行を抑制することが可能です。

フィンペシアは、有効成分フィナステリドの働きにより、5αリダクターゼという酵素の結合を抑制します。善玉男性ホルモン(テストステロン)を悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する5αリダクターゼの使用を阻止することで、前頭部や頭頂部でのDHTの生成を安定させるのです。有効成分フィナステリドのこの働きによって、毛乳頭の細胞管理が正常に保たれるのです。服用をやめるとAGAが再発しますので、抜け毛や髪の少なさを防ぎたいのであれば、服用を続ける必要があります。

AGAの原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンで、プロペシアと同じフィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を抑えることで男性の脱毛を食い止める育毛剤です。20歳から50歳までのAGA患者を対象に主催された臨床試験では、6ヶ月間服用した人の98%が、薄毛(AGA)の進行を抑制する効果があることが確認されています。また、1年間使用した人の大半は、抜け毛に終止符を打つと同時に、髪の量が増えたことを実感しています。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。フィンペシアには、その名の通り「プロペシア」の特許が切れたあとに開発された製品で、プロペシアと全く同じ有効成分が含まれています。違いは製剤の色と添加物だけです。プロペシアは八角形の桃色の錠剤(日本の商品は丸い錠剤)、フィンペシアは白色の丸い錠剤です。用量(成分量)はどちらもほぼ同じです。プロペシアを服用していた方がフィンペシアに変更した場合、ほとんどの場合その効果は維持されます。

遺伝などの事情もありますが、髪の少なさには5αリダクターゼの分泌量が関係していると言われています。分泌量が多いとDHTの生成物も膨れ上がり、毛髪不足に直結する可能性があります。そのため、「自分は遺伝でハゲる」と諦めているユーザーには、フィンペシア(finpecia)1mgが効果的なのです。ただし、フィンペシアなどのフィナステリド製剤は6ヶ月以上飲まないと効果がハッキリと確認できません。最低半年、できれば1年間継続して効果があるかどうか判断してください。

タイトルとURLをコピーしました