ダイフルカン 通販 本丸

フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)
数量価格ご注文
1箱¥4,088
3箱¥6,684
5箱¥9,710

 

 

 

 

 

ダイフルカン概説【通販 本丸】

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック)は、フルコナゾールを含有し、カンジダ症、クリプトコッカス症などに効果を発揮する殺菌剤入りのお薬です。ダグラス・ファーマシューティカルズ株式会社が製造販売しています。ジフルカン・ジェネリックは、シプラ社製の高価なジェネリック医薬品の一つで、安価でありながら先発品のジフルカンと同等の高い治療効果があります。

ジフルカン・ジェネリックはアゾール系抗真菌薬に分類され、女性の膣カンジダ症、クリプトコックス症、菌状息肉症、呼吸器真菌症、真菌性髄膜炎、その他多くの疾患に使用が認められます。1日1回の服用で、特に早朝や食後の服用は必要ありません。服用後、24時間以上経過してから服用します。

摂取することで真菌(カビ)を死滅させ、真菌による接触感染症を治療することができます。主に、性感染症として有名なカンジダ症やクリプトコッカス症の治療に用いられます。ダイフルカンは、女性がコントロールできない性感染症であるカンジダを治療する抗生物質です。

ジフルカン(diflucan)は、アゾール系の抗真菌薬に細分化され、女性の膣カンジダ症、クリプトコックス症、菌状息肉症、呼吸器真菌症、消化器真菌症など様々な疾患の治療に使用されます。日本ではジフルカン(ダイフルカン)と呼ばれ、1989年から販売されている歴史のある薬剤です。ジフルカン・ジェネリックは、インドに本社を置くシプラ社によって製造・販売されています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年に設立されました。日本ではシプラ社の知名度は低いですが、インドではジェネリック医薬品市場の大手とされています。

カンジダ菌自体は、女性器だけでなく皮膚のあらゆる部分に存在する常在菌で、揺るがない菌ではありませんが、主に性交渉によって入れ替わったカンジダが異常増殖し、免疫力の低下した体では膣カンジダを引き起こすことがあるそうです。膣カンジダを発症させる行為としては、性行為に近い接触による接触感染、プロテクターなど体を縮める衣類の着用、石鹸による陰部の洗いすぎによる膣の均整の乱れなどが挙げられます。

カンジダは再発が多い病気なので、薬価は重要です。ジフルカンのジェネリック医薬品は、特に4錠入りのパッケージが安価です。ジフルカンのジェネリックは日本では入手できませんが、ベストケンコーなどの個人輸入サイトで注文することができます。カンジダ菌は、元気な人の皮膚や粘膜には常にそれなりの数が存在していますが、何らかの原因で膣の脈にカンジダ菌が異常に蓄積されると、膣カンジダを発症することがあります。

タイトルとURLをコピーしました