リピトール 通販ディビジョン

リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

リピトール10mg
数量価格ご注文
1箱¥3,331
3箱¥4,953
10箱¥9,220

 

 

 

 

 

リピトール概説(通販ディビジョン)

リピトールは、服用するとHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を抑制し、血中のコレステロール値を低下させる作用があります。脂質異常症は、コレステロール値が過剰に上昇したり、逆に低下したりすることで起こる病気です。偏った食生活を送るお客様や運動不足のお客様が増えている現代では、コレステロール値の上昇によって起こる脂質異常症が問題視されています。自覚症状はほとんどありませんが、重症化すると動脈硬化やそれに伴う合併症を引き起こす可能性がある病気です。

アメリカの著名な製薬会社ファイザー社が開発・販売し、日本では2000年に取引が開始されました。有効成分のアトルバスタチンは、コレステロールの生成を助けるHMG-CoA還元酵素の役割を阻害することから、「HMG-CoA還元酵素阻害剤」とも呼ばれ、含有されています。LDLコレステロールは、全身にコレステロールを醸造する重要な役割を担っていますが、増加すると血管のバリアに付着し、血流のブレーキ役となります。

リピトールは、アメリカの大手製薬会社ファイザーによる体積リピドーシスの治療薬である。高コレステロール血症(高脂血症)の治療薬として引用されています。リピトールは、肝臓でのコレステロールの合成を阻害することにより、血液中のコレステロールの量を低下させる作用があります。高コレステロール血症および家族性高コレステロール血症の治療に使用されます。

リピトールは、血中のコレステロール値を安定させ、低下させることにより、家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症などの脂質異常症を改善する薬剤です。リピトールは、アメリカのジャイナー・ランパブート社(現ファイザー社)が合成した高コレステロール血症の治療薬です。1日10mgの単回投与で、総コレステロールで81.4%、LDL-コレステロールで85.1%の患者さんが140mg/dL以内に減少すると報告されています。

コレステロールの血中濃度を適正値に下げることは、生活習慣病である脂質異常症(家族性高コレステロール血症、高コレステロール血症、高脂血症未改善)の予防につながるものである。家族性高コレステロール血症は、生まれつきコレステロールの値が高い遺伝性の疾患です。有効成分のアトルバスタチンは、肝臓でコレステロールを合成するHMG-CoA還元酵素の関与を阻害することでコレステロールの合成を抑制し、血中脂質の動態を正常化することで動脈硬化の順番を下げます。生活習慣病のひとつに脂質異常症というものがあります。悪玉コレステロールが極端に多くなったり、逆に善玉コレステロール(H transfer cholesterol)が少なくなったりする病気です。

タイトルとURLをコピーしました